タグ別アーカイブ: 細胞

細胞とその機能

人は60兆の細胞からなると言う。その細胞が生命の仕組みを司っていると考えて良いのだろうか。少しも理解が進まないで、疑問だけが増えて行く。それが自分にとっての生化学の分野のように思う。最も基本である細胞と言う意味が理解できない。全ての細胞は核酸を遺伝情報の取締役のように、その機能を支配していると思っている。しかし、説明を受けると、益々意味がボケて理解できなくなる。細胞分裂と言う現象と細胞が持つ日常的な働きは、別物のようにも思えてくる。DNAが細胞分裂で生命の仕組みの個性を伝える役割を持ち、それがDNAの全ての意味かと思っていたのは間違いだったようだ。細胞とは完成した機能を持つものかと思っていたが、どうも日常の細胞の機能はいつも何かが不足していて、DNAの情報をmRNAに伝えて、タンパク質の合成を日常的に行っているように教えられた。OKWaveへの筆者の質問に対する御回答からそのように理解した。そのタンパク質の合成機能は、細胞分裂時の話とは異なる様に思った。と言う事は細胞は完成したものでなく、いつもタンパク質を合成していると見做せる。そのタンパク質は、細胞内に蓄えられるような回答と理解した。それではそのタンパク質は、細胞内でどのような役目を担う為に造られるのかが理解できない。細胞の外に行くなら、酵素などの製造も細胞が担うとすれば意味が理解できる。生命はタンパク質を燃焼しながらその機能を継続しているものであろうが、その意味が細胞内のDNAの転写とかに意味を持って役割を果たしていると言うのだろうか。細胞の全体像が?

細胞の終末制御 一つ一つの細胞も寿命の時計仕掛けの基で生きていると解釈する。細胞が終りを告げ、分解する仕組みも備えている筈だ。タンパク質の生合成だけでなく、より重要なのは間違いなく分解して消える機能が必要である。その仕組みが狂うと、『癌細胞』になるのじゃないかと考える。

細胞の基本認識 最先端の生命科学研究はその解説で、像の尻尾の一部を説明しているようで、像の全体像が見えない。自分のような知識の無い者には、なかなか細胞の意味一つさえ捉えきれない。出来たら全体的な姿を、解説して欲しい。細胞分裂はどのような条件で起きるのか。新しい細胞に生まれ変わるのは、古い細胞が分解したときに起きるのか。その時の細胞分裂は新しい細胞が二つ生まれるのか。分裂とは二つになる時の用語と理解している。済みません。幼稚な疑問で。ニューロン(Neuron)を尋ねてにはまり込んで、益々闇夜を彷徨うような心境である。

生命の本質(C.H.ウォディントン著)を読んで

遥か昔に購入して、途中まで読んで投げ出していた。昭和39年5月のケース入り、岩波書店第一刷本、350円。生命の本質、表紙カルボキシル基、アミノ基等とでると頭に収まり切れなかった。今でも生命科学の話は電気磁気学と違って理解困難である。当時に比べれば、人のDNA、遺伝子解析も可能となり、生命科学の研究分野は格段に進んだ。それでも生命の不思議は尽きることない未知の謎に満ちている。生命の本質は、ITで検索したら、You Tubeの動画にも紹介されている有名な著書であった。今回また、標記の本の第一章だけを読んだ。名著は時代が変わっても、その言説の内容は多くの感銘を、変わらずに与え続けるものと驚いている。

第一章に、NaCl塩の話が載っている。豊富な学識と深い洞察に基づいた話で、誰もが理解し易いように、卑近な例を基に展開されることに賛同した。改めて、尻切れトンボの記事原子と分子の妙を追記してみようかと思った。読み進める程にきっと新しい知見を与えてくれるだろうと期待している。追記で感想を記したい。

(2014/10/6)追記できずに・・ 本を開いて読み始めるが、なかなか内容を汲み取れずにむずかしくて追記できず。原子と分子の妙も同じく。