タグ別アーカイブ: 新潟県教育行政犯罪

水の妖精七変化(エネルギー)

水は産業革命の力を象徴して科学の世界を広げた。蒸気機関車が今もその威力を見せてくれる。水を加熱すると水とは思えない魔法の力を生み出す。燃料電池はエネルギーを生み出す。水を介したエネルギーと力の関係は日常生活の湯沸かしから巨大科学技術機関の発電所まで広い。酸素分子O2と水分子H2Oに悩むの記事を読んで、また自分の頭の知識貯蔵庫に違和感を覚えた。蒸気機関の熱サイクルで、水蒸気の乾き度と湿り度と言う用語がある。乾き度100%は高温・高圧の水蒸気状態である。水蒸気は酸素と水素の混合状態に簡単に変化する。乾き度100%の水蒸気は完全に酸素と水素のガス混合体と考えて良かろう。高温高圧のガスである。酸素と水素と水とエネルギーの間は、日常生活の中で、いつもそこに潜む妖精が支配している世界のように感じる。酸素と水素と水の間柄には、お伽の世界が現実に現れたようにさえ思える不思議を感じる。湯沸かしの沸騰で幾らかが酸素と水素に分解するのもあろう。と言っても湯の中を上昇する内に水蒸気に戻ってしまうだろうが。

水の電気分解 水の電気分解と言う化学反応は良く知られた現象である。水に電気エネルギーを加えることで酸素と水素に分離される。水の電気分解は酸素と水素の原子が結合したものを『電子』と言う素粒子(?)の電気回路を通した供給で元の原子に分解する現象と解説されている。『電子』と言う『電荷と質量の集合粒子』が水の原子結合をどのように分離するのかの詳細な解釈を知らない。理科の大切な実験例として取り上げられ、観察する機会も多かろう。ただ解説によれば、水酸化ナトリュウム等の電解質分子成分が必要らしい。水は電流を流さないからと説明がある。電流と言う電子電荷(質量不要)の逆流は一つの解釈方便でしかないので、『エネルギー』の関係で解釈する以外ないのだ。イオンの『電荷』を否定すれば、酸素と水素の結合・分離は『エネルギー』で解釈するより他になくなる。水酸化ナトリュウム等の電解質イオン水の電気分解で、得られたガス成分の検証を火に因る燃焼音などの現象で確認しているが、それだけで水が電気分解で発生した分離酸素と水素だと言い切れるのだろうか。また、そのガス内に炭などを電極にして発電作用(燃料電池)の確認が出来るかも興味がある。また『エネルギー』で、電気エネルギーと熱エネルギーにどんな違いがあるかと考えるてもその差が分からない。電気エネルギーには二本の導線の間で流れる方向が決まっているから、負の電極(水素)側からエネルギーが供給されるだろう。正の電極(酸素)側のエネルギーはどのよう考えるか。水酸化ナトリュウムは電極と水との間の触媒としての働きを成しているのだろう。原子、分子あるいはイオンの媒体環境でのエネルギーレベルの差がイオン化傾向として理解されている事に関係しているのだろう。ナトリュウムがその鍵を握っているかも知れない。

何故酸素か 南極上空のオゾン層が増減したとニュースになる。物は酸素と結合して燃焼現象を呈する。燃焼は熱・光エネルギーを放射する。その訳を説き明かすのは物理学だ。何故酸素原子が他の元素と違って、結合でエネルギーを放射するのか。そのエネルギーは何がエネルギーに変換したものか。燃料電池は酸素と水素の結合でエネルギーを作り出す電池だ。水に電気のエネルギーを加えると酸素と水素に分解できる。酸素と水素と水の間の変換を取持つのがエネルギーである。酸素と水素の化学結合と言う現象が元の酸素と水素原子に変化が全く無くてエネルギーが創りだせる訳は無い。エネルギーに何が変換されたのかが物理的解釈の要点であろう。決して『無』からエネルギーは生まれない。エネルギー(光や電気)に何かが変換するのである。その何故かが説かれなければ、エネルギーの意味が分かりはしなかろう。いつまでも同じ事(戯言と言われそうだが)を言って申し訳ない。燃える『酸素』の力とは?(2013/11/07)、   『水素』に思う (2013/09/29)など。以上理解力の弱い頭で科学常識について行けない迷い事を述べた。理論無しの、自然の真理はただ純粋の一つに因って解釈すべきだろうと創造力・妄想力を働かして描いた。それが次の絵図である。水とエネルギー流 酸素は2価、水素は1価と考えている。酸素1原子に水素2原子で丁度分子構造が安定した水H2Oになると。酸素、水素の単独では2個が対の分子を成すと。エネルギーの吸収か放出かで水と酸素、水素の関係が決定されるようだ。その辺を『エネルギー』一つで関係付けたらと考えたのが上の絵図である。『電荷』無しの『エネルギー』での解釈である。マグネットじゃないけれども、空間に粒子性のエネルギーと言えば、エネルギー円還流しか思いつかないので、結局磁石と同じような軸極性を持った物になってしまう。序でにもし『電子』と言う科学概念の解釈粒子を考えるならそれも最小のエネルギー円環流になるだろうと考える。水素は最小の原子として少し中心にエネルギー流の塊(質量化)があるのだろう。こんな研究を細々続けられるところが大学の自主体制に必要なのだと思うけれども。経済的利潤・価値を求めた競争研究だけでは、研究の幅が狭まり、延いては大学の独立性・教育力が危ぶまれる。役立たずの夢の絵図かもしれない。

糞烏のいろいろ―犯罪国家―

忘れていた事を突然思い出す。新潟県教育行政の過去と未来―犯罪?-に記す。極秘県知事部局発令主張命令の項の末に記した。怒り心頭に発する。という言葉が当てはまるのか?

いろいろと糞烏が居るものだ。上の話は昭和54年夏の事件だ。昭和55年長岡技術科学大学に移って(辞令には前歴なし・空白で入ったから、移動ではない)から事件のたびに『糞烏』が現れていた。

子供のサッカー大会に、応援で参加したとき『糞烏』が現れたようだ。

昭和62年3月~4月の電気学会全国大会での発表のため、仙台への旅には2人程の『糞烏』が現れた。

同年5月のゴールデンウイークの休暇を利用して、日光・鬼怒川温泉方面に家族旅行をした。その時も『糞烏』が居る気配を感じた。

同年10月8日? 電気学会電磁界理論研究会(EMT-87-106 電磁エネルギーの発生・伝播・反射および吸収に関する考察)、千葉県館山市、国民宿舎にて。糞烏が出没尾行。

昭和63年春。5月の休みに柏崎市米山大橋の米山会館に家族ドライブ。翌日長岡技科大で、難波江章教授がそのドライブの行動を知っているような口振で聞いてきた。今考えると糞烏の雇人か。この時期は昭和62年の5月の間違いであったかも知れない。3月に、朝日新聞で、『ノーベル城のお殿様』と言う漫画が掲載された。4月にはフランスのイブモンタンさんが来日した。もう難波江教授には接触する筈がなかったから。長岡高専の昭和62年2月24日頃、難波江教授に呼び出されて、面会した。約束通り、長岡技術科学大学に戻る覚悟でいたから、それを変えて他の学校に移動させようとの話であった。津端教授にも会えと言われたが断った。そんなことがあって、先行きが見えない事は気掛かりではあったが、約束は果たそうとの覚悟であった。教授に睨まれて立つ瀬が有る訳がない。ここまで、私が生きる事が邪魔であった訳が何故かを知らなかった。ただ美空ひばりの、「川の流れのように」と言う歌が故郷を暗示してはいた。舞鶴鎮守府に繋がる等とは驚き桃の木であった。

昭和63年9月、長岡技術科学大学から雲隠れしてからの事件記事。

  • 昭和63年10月10日頃 電気学会電磁界理論研究会(EMT-88-145 瞬時電磁界理論の実験的検証とその意義)、於:滋賀県近江八幡市琵琶湖湖畔での発表には尾行はなかったようだ。無届の個人的旅程のためか?
  • 不思議な事件(糞烏でない)を経験。自動販売機の100円投入時の電源遮断で、料金強奪。最初の経験は、長岡市釜風呂温泉の通りでのコーヒー自販機。二度目は、夜になって国道117号線、長野県野沢温泉付近かと思うが、やはりコーヒー自販機で、のどが渇いたので100円投入したら電源遮断され、100円戻らず。この時は、長岡技科大の職員の車が2台程、尾行していた。それまでもいつも尾行していたようだ。自動販売機の遮断原因は、想像の域を出ないが飛行機からの何らかの信号操作か?不思議と言うより脅しの策略か?この二度の自販機事件は今でも話したくない、理解できない事だ。
  • 長岡技術科学大学職員の尾行。車で雲隠れする度に、尾行していた。

日本犯罪国家。