タグ別アーカイブ: 地方公共団体

不思議に乗った夢路にも

希望と悔恨の色を見る。自分の氏名を検索したら金澤と金沢では異なっていた(今はまとまったようだ)。氏名は法務省が管轄かと思えば、自治省《内務省》今は総務省の管轄下の地方政府機関(意味不明の呼称の地方公共団体と言う都道府県庁、市区町村役場・役所)かとも思う。金沢の様な「沢」の字で表記される名前が如何に多いかが不可解だ。戸籍表記に「沢」の字は使われていないだろう。市販の印鑑は『金沢』しかない。氏名の漢字表記不可解の混乱放置の原因はどこの省庁機関に責任が在るのだろうか。私は何者でしょう(2)氏名と長岡市政責任。全て、社会的常識に欠けた自分の責任となるようだ。学校の社会科等では『戸籍』や政治的行政機関と個人との関係を教えられなかった。過去を振り返れば、無知が故に、社会的悔恨の多い事を知る。日本では、「行政機関」の非民主的特殊権力村に情報秘密管理権能が集中している。『特定秘密保護法』によりますます個人情報も閣議の思惑で処理の秘密に葬られる危険を危惧する。今まで、社会常識からみれば、偏屈と看做される自分勝手な生き方で過ごしてきた。常識に照らせばアスペルガー症候群と看做されるかもしれない。そこで、調べてみた。

アスペルガー症候群とはアスペルガー症候群

人の中に居ると、確かに浮いてしまう。相手にされなくなる。人に『先生だった?』と疑問符付きで皮肉られる。その意味を考える。知っている人は新潟県の教育委員会に採用されていない事を知っていたようだ。新潟県教育行政の過去と未来ー犯罪?- 本人の自分が知らない事で周りの社会が動いている。コミュ障に曝されていたようなもの。先日、「29WD-1 ニュートンの万有引力則の矛盾(回転と波動)領域11」が検索にでた。天体の問題であるから、長岡技術科学大学の電力工学の分野ではない?小泉連立第2次改造内閣の頃だったようだ。一つ心当たりがある。2004年3月に、長岡税務署で確定申告する時に九州まで発表に行くなど、免職処分では無理と訴えた記憶はある(内緒話)。不可解は如何ともし難い。自然科学の本質を求めて、『電荷』否定の道に入り、今絶対的確信の境地にいる。考えれば迷惑を多くの人に掛けて来た。常識からみれば、確かに想像力に障害があると観えよう。この2004年は申年で、不吉にも10月23日中越地震にみまわれた。11月に翌年の2つの発表登録をした。そこから発表を加速した。市民的科学認識を追究しているうちに、全く専門性の無い世界に踊っているような科学感覚に染まっている。ニューロン(neuron)を尋ねて お邪魔している。