タグ別アーカイブ: 原子力・火力発電の海水加熱

原子力発電と住民の覚悟

2011年3月11日 東日本大災害が発生した。それは地球の自然活動によっておこる人が制御出来ない、避けることの出来ない災害だ。特に海底を源として起きる津波は想像を絶する災害をもたらす。人は地球の命の上に生き、その恩恵の上にしか生きられない。海の幸が人を豊かにし、喜びの糧を与えてもくれる。海と共に生きる、それが生活でもある。

海は恐ろしい牙をむくこともある。避けることの出来ない津波災害が起きる。それでもそれは地球の自然の姿と、覚悟を持って海と共に生きなければならない。

福島第一原子力発電所の崩壊事故に遭遇した。決して有ってはならない人間が起こした悲惨な災害である。想定外と言う責任逃れの人間の起こした災害であり、許されない事件である。人は自然災害に合う事は有りうる。しかし原子力発電所の事故は、人が住む権利を奪う人権の否定を前提とした事件である。

柏崎刈羽原発は世界最大容量の発電だ。『避難訓練』と言う許されない事件を想定した行為が如何にも当然のごとくに執り行われる不可解な集団訓練。そんな避難をしなければならない危険な科学技術が人の権利を奪う町中にある事が許される筈はないのだ。傍の住人は原発事故で、そこの生活を奪われても良いと覚悟をして避難訓練を受け入れるのか。その覚悟を住人は持って原子力発電所の運転を認めているのか。一人一人にその覚悟を聞きたい。

原子力発電所は人が制御して、安全に運転できる保証などどこにも無いことを知るべきだ。本当にちょっとした過ちがとんでもない原発崩壊事故につながる可能性を含んでいる。次の事故が何処に起きるか全くわからず、一瞬の偶然が原子力発電崩壊の原因となるのだ。その事を認めたうえで、原子力発電所の稼働を許容するのか?

福島第一原発事故の事後処理の目途も立たない現実に目をつむって、またその避けられない危険を住民は受け入れるのか。『カーボンニュートラル』と言う政策で、地球温暖化は決して防げない。原子力発電や火力発電での海水加熱による水蒸気冷却システム、その仕組み『復水器』の科学技術の本質を理解することが皆に課せられた事だ。事故による街崩壊への住民の覚悟が問われる。熱効率40%以下の発電システムだ。

 

地球温暖化原因・CO2説は嘘だ

年々過酷さを増す豪雨災害、酷暑気温は人間が造り出した地球環境だ。原子力発電、火力発電の水蒸気サイクルに伴う、復水器冷却の海水温過熱がその一つの原因だ。呑気な二酸化炭素原因説が専門機関から流されている。海の海水温1度上昇がどれほどの熱エネルギー吸収量に成るかを計算ぐらいして欲しい。それが専門家の役割だ。

京都議定書で地球温暖化防止の国際的取り決めが始まった。原因が炭酸ガスと言われて、その削減目標を国際的に取り決めた。アメリカ等の議定書に参加していない国も多い。しかし、炭酸ガスが温暖化に影響していないとは言えない。石炭燃料の消費で空気の汚染は空気の汚れと熱蓄積を促進するから。日本の独立行政法人 国立環境研究所 がある。その中に、温暖化リスク評価研究室がある。そこに解説がある。しかし論理的な解釈など示されていない。何故CO2が他の原子、分子より温暖化の原因になるかの説明がなされていない。熱源はすべて太陽熱しか考慮されていない。地球上での熱は、人間が使用する熱エネルギー、主に電気エネルギーが殆ど地球の空気中に放出される事を考慮していない。海の温度上昇にも何の評価も示していない。国立環境研究所とはそれなりの期待がされて設立された筈だ。専門家として、余りにも狭い範囲の見解ではないか。多分、大石環境大臣の頃に設立された機関であろう。CO2の比熱を調べてみた。水素分子H2:14.38[J/g K] 酸素分子O2:0.922[ 同 ]、炭酸ガスCO2:0.832[同 ] と理科年表にあるらしい。水H2O:2.051[J/g K]で水素と水が大きな熱容量を持っているようだ。(2017/11/18)追記。地球温暖化問題に対して、この理科年表にある比熱の意味が有効な数値であるとは考えられない。水素と水の熱容量を比較しても意味を成さないように思う。筆者のような理科年表を利用しない素人には利用をする能力が無い。