タグ別アーカイブ: 中空導体

電力用ケーブル

自然現象の奥深くに隠されている本源は見え難い。科学技術にその自然現象が応用され、今日の地球上に人間の生活圏を拡大して来た。科学技術は応用の科学である。本源から見れば、電力系統のエネルギー供給機能で未だ多くの無駄がある。導線導体内を電子と言う『電荷』流の概念には、矛盾があるようだ。先に太陽発電設備から大量の導線が盗難に遭ったと言う話を聞いた。金属銅が資源として狙われた。電流など流れていないのだから、導線材料等中空導体で良いのだ。そこで提案の電力用ケーブル。

中空導体の電力用ケーブル 中心部は冷却材でも流しておけば良いのだ。空中配電線でも低圧絶縁ケーブルでも、電気エネルギーは導体間の空間を伝送されるのであって、その導体表面のエネルギー密度が一番高い。その絶縁材料の誘電特性等でエネルギー伝送量は考慮されるべきである。コンデンサの強誘電体特性も電力ケーブルもその原理は皆繋がった自然現象の本源に因るのだ。太陽光発電のケーブル盗難を監視する必要もない大電流用電力ケーブルが実用化されれば良いのだが。本来なら特許になる筈だろうが?