カテゴリー別アーカイブ: 鳥

視力とビタミン

2012年に白内障の手術をして頂いた。お陰様で、視力も回復し特に支障なく生活できる。

ブルーベリージャムと視力の関係が気になったので、疑問を述べる。

白内障はレンズが濁る為に視力が落ちるのかと理解している。手術はそのレンズに相当する部分を入れ替えるようだ。レンズと言っても、ガラスと違い、それはタンパク質の様なものと思う。

その手術後、暫くしてから、視力の低下を感じた。ブログ記事(眼球の光ファイバーと色覚)に、有り難いお医者さんからのコメントを頂いた。黄斑にオプシンと言うレセプターを持つ細胞があり、そのビタミンAの形を光が変える。その結果神経細胞に信号が流れ、色覚を脳が認識する。と言うようなご説明と理解した。

その説明を受けて、少しは効果が有るかと、朝食のパンにブルーベリージャムを使うことにした。それまでのイチゴジャムに変えて。

もう5年以上は続けているだろう。前に心配した視力の衰えが感じられなくなった。先生が仰ったビタミンAの効果がブルーベリージャムの御蔭ではないかと感謝している。光ファイバーの終端部の『黄斑』が人の、あるいは生物の視覚の要となっていると強く思うと同時に、色彩の赤、緑、青の波長に感応する細胞の形状変化と言う空間構造の物理的現象と光の正体 (2018/01/25)の関係が納得できた。分子結合と言う空間構造変化と光の関係から、『エネルギー』放射現象との意味で納得でき、色覚の生理現象の原理の一端が垣間見られた感じがする。原子、分子の化学変化には必ず『エネルギー』の放射や吸収が伴う事から、感覚的なものではあるが、納得できる。『結合エネルギー』と言う言い方でもあろう。燃料電池も同じ意味であろう。

光の波長変換現象はその対象の空間構造がその原因である。揚羽蝶やクジャクの極彩色の色模様はすべて、その羽根の空間構造が生み出す現象である。光には本来色は無い。光と色彩の謎をどう解釈するかは光の『エネルギー』をどの様な物理的な認識に在るかに掛かっている。絵具も顔料も、その色はすべてその物質の空間構造が生み出す物理現象である。

世界は不思議

地球と言う生命の星。科学的思考で理解しようと考えても無理な事がある。人間と結ぶ絆の世界がある。これは『詩心 乗せて観世の・・』第百五号 嬉しい「スズメの恩返し」2001年8月の記事が基になっている。おそらく多くの人はこの記事の話を信じられないだろう。ある本をある理由で、嬉しくて読んでいると、上の記事のスズメとの不思議な思い出が突然頭に浮かんできた。何故そんな過去の話が思い出されたかも、その連想の訳も分からない。この連想という事実も不思議であるが、それ以上に雀との稲穂の事件が不思議でならない。味の落ちて食べられない古米が2キロほどあった。それを毎日庭に撒いて、雀に与えた。近所迷惑な、悪い事をしたと今は恥入っている。3月頃から7月まで長い間の餌やりであった。雀は、何家族も集団で仲良くえさを食べる。一番いの親が年に2回以上子育てをするようだ。時たま、ヒヨドリも来て雀との間の事件もある。雀が人になついて人の手から餌を取るという事がある事も、テレビで知ったが、自分にはそれは出来なかった。7月になると、雀はピタッとある日から来なくなる。それからしばらくした秋の晴れた日、開け放してあった小屋の床に籾殻が落ちていた。ただそれだけの話でしかない。しかし、もみ殻を誰も持ち込まない。そこに持ち込まれた籾殻を風が運んだとも考えられない。謎は謎のままである。『雀の恩返し』と捉えたら、自然世界の科学的認識には組み入れられない話になる。以上夢のお話でした。