摩擦電気❓

摩擦電気という科学論で唱えられる不可解な用語。それは一体どんな物を指すのか?

文房具の下敷きを何かと摩擦すると、2種類の電気に分かれると解説される。

2種類の電気に分かれると解釈する訳は、理由は何か。

2種類の電気とは、『正』と『負』の『電荷』を指すように物理学理論での定説となっている。

下敷きを摩擦すると、簡単に摩擦電気が発生すると言う。物質を構成する基礎の要素が『原子』で、その構成力が2種類の『電荷』で成り立つ理論になっている。そんな原理的な自然世界の構成力の基である『電荷』がいとも簡単に摩擦で離れるような解釈が、それもまた物理学の原理となっている。

ガラス棒と木綿を摩擦すると、ガラス棒がプラスに、木綿がマイナスに帯電すると言う。

この現象をどの様な物理的な意味で解釈するのか。

ガラス棒の何原子から電子が木綿に移るか、木綿の何原子かがイオン化してガラスに移るかの、そのどちらかである。しかし、木綿の原子が何かは分からない、しかも原子が移動するとは考え難い。従って、ガラス棒の高分子から『電子』が剥ぎ取られ、木綿に移動したとなるか?もしそうだとすれば、そんなに簡単に硝子分子結合から『電子』が分離されるのか?と疑問が沸く。

摩擦で『電荷』が移動するとすれば、その現象は『電子』が分子結合体を構成する何れかの原子から、摩擦によって分離したと解釈するのだろうか。そんなに結合分子体は簡単に、『電子』を摩擦という広大な面積の接触摩擦で、特定の微細な面の原子の周回軌道「電子」に作用を及ぼすとなる論理的な解説が必要だ。

摩擦現象で、物が何かを引き寄せる現象は、ギリシャ時代から観測された現象のようだ。それが決して、「電気」、『電荷』による現象だと解釈する論理性は無い。そこには論理の飛躍があるが、論理性を唱えるだけの説得力は微塵もない。『こんな理由ナンじゃないか』程度の思い付きでしかない。

そんな思い付きで生れた創造概念『電荷』が現在の科学理論の無意味な、矛盾を創り上げて来たのだ。

何故、どの様な訳で、『正の電荷』と『負の電荷』が引合うと言う現象の原理に成るのか?互いに他をどの様な認識機能でその相手の情報を捉えると言うのか、そこには離れた空間の間にある、相手の『電荷』を認識し分けるのかを論理的に説明できなければならない筈だ。『電荷』から存在もしない「電気力線」が無限の遠方まで空間に張り出すと言う理屈は何か?『力』は近接作用以外生じない。『質量』間に『力』(万有引力と言う便宜的解釈論ではあるが)など生れない。『遠隔作用力』と言う概念自体が間違いである。

摩擦電気と言う奇妙の科学論理が、科学論の論理性を台無しにしている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください