日別アーカイブ: 2022年8月7日

選挙投票権と市民権と闇内地留学と給与

最近気付いた。我が愚かさを、無知を。

昭和62(1987)年の春に、選挙があったか?新潟県長岡市。

丁度その時期は、全く意味も分からず長岡工業高等専門学校から長岡技術科学大学に転勤の心算で居た問題の時期だ。

或る党の投票賛成の名簿に登録するように、お願いされた。人事問題に関わる故意の策動と今は分かる。

問題は、それ迄に選挙に関する投票権の行使を、投票券を受け取った覚えが無かった。

自分の市民権が存在しなかったのか❓

長岡市には昭和36(1961)年から住んで居た。しかし住所が無かったかも知れない。市民税・県民税も❓

矢張り、自分の存在、人権は無かったのか❓舞鶴国民学校への入学が無ければ、何時から人としての存在が日本政府に認識されたのか❓

昭和35(1960)年4月、新潟大学に入学した筈だ。然し入学式にも、昭和39(1964)年の卒業式の記憶もない。大学授業料を収めた記憶もない。昭和35年4月新潟大学の西大畑の『六花寮』で1年間過ごした。しかし寮費を収めた記憶もない。

昭和36年4月、新潟大学工学部、長岡市の住民になった筈だが、市民権もなかったのか❓そのまま卒業し、現在まで長岡市に住んでいる。

東京工業大学、電気工学科への6月間の闇内地留学。

昭和44(1969)年10月から翌年3月末日まで、東京都目黒区大岡山に6月間住む。新潟県立新津工業高等学校の勤務実態が不可解であるが、新潟県教育委員会との採用事務手続きも全く無いまま、無断で『東京工業大学、電気工学科』に半年間の内地研修をさせて頂いた。しかしその経歴はどこにも無い。当然新潟県教育委員会は無関係で関知されていない。無断欠勤6カ月の意味でもないようだ。考えてみればその間の給与も受けていないと言う誠に不可解で恐ろしい経歴結果を背負ってきた。他には、新潟県によって、平成2年12月~平成4年7月、強制的に閉鎖病棟に閉じ込められた。その間の初期の1月で、アインシュタインの特殊相対性理論が間違いであったと確信した。『光の相対性論』を完成した。