度胸と可憐さ

(2020/08/02) 追記。先日鳴き声の主の雨蛙を写真に収めようとしたが、素早く逃げ隠れてしまった。雨蛙の雄は中々写真に撮れない。オス雨蛙は、お尻が細くスマートである。それに対して雌雨蛙は人が近付いても動じない。有り触れた姿であるが、何年土の中で過ごして生れて来たのかと思えば、愛おしい。

 

 

 

 

 

少し模様がついている。

 

 

 

 

こんにちは!と声を掛けたくなる。

まだ若い娘の日本雨蛙。二歳ほどかと思う。今朝鉢にジョロで水遣りをした。逃げるかと思いながら。しかし、水を掛けても動かない。雨蛙は水が嫌いの筈だ。雨が降れば、雨水の掛からないところに避難する。此方の気持ちが分かっているかと思う程のその動かない『度胸』に悟りを感じてしまう。それが『可憐』に映る。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください