蝉の誕生

日本の夏の有り触れた風景。

クマゼミか?長い土の中での生活から地上の新しい世界に生れ出る不思議な生態の昆虫だ。昨年都合で伐採した椿の根元で暮らしていたのだろう。椿の根は未だ生きているから、そこが故郷。蝉は7年と言うが、今でも雨蛙の地中生活の年数は1年かどうかも分からない。蝉は樹木の表皮に卵を産み付けるらしい。その卵がどのように土の中に入るかを知らない。自然の不思議は心のオアシスだ。

飛び立つ前の準備か。二日後の今日も近くで鳴いている。生まれた場所から離れないで過ごすか。鳴くのはオスだけか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください