日本雨蛙のオス

もう一度確認しようと、尋ねてみた。草むらも刈り取られて、生息環境が悪化しているからどうしているかと心配だった。それ程多くはなかったが結構の数が確認できて嬉しかった。長い間日本雨蛙のオスとメスの区別を見分けるにはと、その判断を下すに機会を探していた。今までと違って、幾らか人の意見もインターネットを通して聞いた関係で、少し考えを伝えるに安心を得たと言える。
今日の雨蛙との出会いで、オスの形態に解釈を下そうと思った。
オスはお尻、腹部が細く尖った形態である。ズボンバンドが余った細い若き自分の腹を思って苦笑い。

♂1オス

♂2おす2 この蛙は皮膚の色合いが少し日本雨蛙と違うかと言う感じもする。。足の模様は雨蛙と言えよう(2015/10/04)追記。ずっと気掛かりであった。足の模様はやはり日本雨蛙とは異なるように思う。余りにもはっきりし過ぎた模様だから。思い出しても今までの日本雨蛙には、これほど規則的な縞模様の雨蛙には出会った記憶が無い。(2015/10/22)追記。先日から考えて見た。この模様のカエルをもし日本雨蛙と考える人が居るとしたら、おそらくオタマジャクシから育てたカエルだからであろうと思う。決して田圃のオタマジャクシを育てても日本雨蛙には成らないと確信する。

♂3おす3

♀1メス 小さいながら腹部の膨らみがメスの形であろう。

10日産れたてまれたてのオス 古い出会いの新生日本雨蛙。2013年7月10日で、夜に生まれたばかりの赤ちゃん雨蛙です。オタマジャクシでないから決して尾はありません。生まれたてでも、オスとメスが形態で判別できるかと言う例として提示する。

(2015/09/19)追記 庭にもオス雨蛙が居た。

IMG_1189オス 急いだので、反射光が入る。目木の葉に。雨蛙の特徴を一つ掴んだ。この記事の最初の写真(16日)を撮るのに苦労した。オスはなかなか表に姿を現さない。草陰に潜んでいて、追い出しても素早く逃げる。今日の写真も、草むらから突然出て来た。珍しく撮れたオスだ。それに対してメス雨蛙はほとんど動かない。人が傍に寄っても急いで逃げる事は無い。だから雨蛙の写真は殆どメスになる。このオスがどのような生殖行動をとるのか、土の中に卵塊を生むメスとの隠された秘密は。雨蛙を観察するだけで、決して特別の手を加えることはしない。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください