自然に向かいて

今年の夏は日本列島が豪雨災害に見舞われた。自然に立ち向かってみても、非力を悟るだけである。季節の巡りも1月ほど早まっているようにも感じる。8月末に秋アカネを見かけた。豪雨災害では、海の保有熱量の急激な増加が、人の日常生活を脅かしつつあると観なければならない。二酸化炭素量が地球温暖化を進めていると言う捉え方では温暖化対策には不十分だろう。エネルギーの大量消費が原因である。自然に向かいて思いを筆にした。

人間の課題

自然とは全知全能の神と観る。御免なさい、・・その行末を」に誤字がありました。

自然は優しい

どうか穏やかな自然との共生の世界になって欲しい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください