放射性原子核物質

(2014/08/19)昨日は火事でもないのに、前の道路に梯子車の大型消防車と救急車が留まっていた。総務省の関係か?今日も大型消防車が前の道路に留まっていた。胸糞悪い鐘と同じか。

福島原子力発電所が崩壊した歴史的事実をどう捉えるかは科学技術社会の生き方を考えると同じ程大切な事である。『原子力平和利用』という国際的用語がある。平和と付けば、良い事のように思い易い。その現実的世界の姿は『原子力発電所』である。しかし、『原子』とその「放射線」の物理的意味さえ科学的な認識が正しく確信的であるかと言えば、『否』と言わなければならない。放射線が粒子か波かも曖昧なのである。『エネルギー』の意味さえ捉えきれていない物理学理論であれば止むを得ない。人体への放射性原子核物質の影響を的確に捉える事も出来ていないのである。年間許容の放射線量という言い方も、極めて曖昧な科学認識に基づいているのである。筆者のような学術機関に属せずにきた、いわゆる素人がそんな大それたことを言っても何の影響も無かろう。しかし、放射線医学の専門家の方々が、統計的に過去の放射線量の医学的資料を把握しているから、それに基づいた標準的判断と評価は認めなければならない。問題はそのデータが原子核理論の不確定な部分に依存していることからくる、評価基準のあいまいさは逃れられない。時にいい加減な専門家群が政治的な関係から曖昧さを更に悪用することが起こり得ると言う危険性を、専門家村は持っている。『電荷』の否定が原子核理論の根幹を揺るがしているから、曖昧さの科学理論と言う事になるのであり、それがまた残念なことでもある。

書き出し(8/14)のまま下書き保存もうまくないので公開する。今朝(2014/08/17)の朝日新聞に政府広報「放射線についての正しい知識を。」が載っている。「放射線の線量」ミリシーベルトの単位の意味が気になって書き出した記事であるので、政府広報を参考にして少し考えてから、まとめたい。

政府広報を参考にして 読ませて頂いたが、やっぱり殆ど理解できない。政府広報の標題が「放射線についての正しい知識を。」である。科学用語を使うには、その用語の科学的意味が明確でなければ何の説明にもならない。専門家群の為の共通理解用の専門用語では本当の専門家ではない。その用語の意味が市民が理解できるような解説でなければ意味がない。その市民の為の科学者であり、その処遇で保障されている訳だ。誰もが理解すると言う事は、日常用語で翻訳して誰もが分かる理屈の通る解説でなければならない。評価基準は何何ミリシーベルト[mSv]という単位で解説される。100mSv以下であれば安全だ。というとき、それは(100[mSv])どんな意味を含んでいるのか。物理学では、単位1[Sv]=1[J/kg]の換算である。シーベルトとは日常使うMKS単位系では全く使わない。そこで、熱エネルギーの単位ジュール[J]なら、何とか理解につながる可能性がある。そこで、1[kg]当たりのジュール[J]量がシーベルト[Sv]という事になるが、その1[kg]当たりという1[kg]は何を指しているのか。計測量を普通の野外計測器で測るとき、何[kg]当たりという、計測対象の質量[kg]を計っているのか。そんな幼稚な基本的評価に関する量的基準値が理解できない。専門家とは、そのような専門的評価量を噛み砕いて、一般の市民が分かるように解説して初めて専門家と言える。今回は、東京大学医学部付属病院 放射線科準教授 中川恵一氏が解説されている。更に国際原子力機関(IAEA)保険部長《当時?》 レティ・キース・チェム氏である。筆者のような素人は、何[kg]という「何」を計測対象の人の体重かとも勘違いしそうである。何のキログラムかさえ説明がない。政府広報としては、一般の市民を対象にした広報であるから、市民が理解できない数量を解説しても税金の無駄使いである。その事を良く心掛けて欲しい。

100[mSv]とは? どうも話によれば、年間被ばく量が100[mSv]以下であるかどうかの話のようだ。放射線とは、普通はその強さは単位時間にどれ程の放射線を人体に照射されるかが問題であると思う。例えば、ある放射線放射元素の物体が塊に成ってそこにあるとする。その放射線量を計測する時、その塊の質量を計り、その値を基準として、放射線計測器で全四方に放射する線量を計れば一応何[Sv]という意味に通じる。それにはその塊を計測器内に取り込み、放射線量全部を量[J]で計らなければ、何々シーベルトという意味にはならない。さて、その塊が藪の中に有ったとする、そこを人が通るとき、被曝量をどのように評価するかである。その塊の傍に何時間も居続ける必要がある時と、瞬間的の通り過ぎる時とをどのように評価するのか。時間的な物理概念が全く入っていない計量値である。時間が長くても、短くても被曝量の評価をどう解釈するのか全く分からない。

内部被曝 庭や道路、公園あるいは山林の放射線を計る。相当の高レベルの放射線が計測された。空から地表に降り注いだのだ。人が生活し、住んでいた場所である。空気中を放射性原子核物質が降り注いだ。人は呼吸をする。空気中の放射性核物質も一緒に体内に取り込んだのだ。文科省はそのデータが出るのを隠して、隠蔽している。政府の責任で生じる放射線障害を隠して、責任逃れの為である。屋内退避など何の役にも立たない防災対策である。

(続く)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中