魚眼の標本?

魚が見る世界はどんな景色か。水中の光速度は真空より遅いだろう。魚には魚なりの色を見ていよう。魚も眼球はタンパク質から出来ているのだろう。魚を料理すると、眼玉も一緒に煮る。その眼玉を取り出して、乾燥させて集めた。桜の木片に接着した。鱈の眼球の直径は6.8mmと大きい。魚眼と寸法

相当昔に取りまとめた標本だ。人間の眼玉も煮れば同じようになるのだろう。当然硝子体管(光ファイバー)など全く見えなくなるだろう。魚眼も機能は光を検出するのだから、人間とそれほど違わないだろうと思う。網膜は空気中でないから、カメラの機能のフィルムとは全く違う。眼球の光ファイバーと色覚。眼球の機能は光学、生物学上も面白い。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください