空間感覚(詩心 124号)

独楽に見惚れて(詩心 125号)に関係する空間ベクトルの空間感覚の記事がある。少し接ぎ張りして載せる。大工の棟梁が曲がりくねった棟木を組み込む技術に、どんな技が秘められているか、その職人の空間感覚に感服して。人が技術に習熟してくると、余り考えなくても感覚的に手足が空間に溶け込み、自然に空間的な構築の正確さが生まれると思う。身体と空間と考えが統合されている。そんな棟梁の手腕にあやかりたいと願って。棟梁にあやかり

空間感覚

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください