林檎と眼玉

真っ赤なリンゴは秋の実りの彩りだ。人の眼球と林檎を結びつける印象が浮かんだ。

リンゴと目玉

眼球と林檎じゃ大きさが違う。しかし、眼球構造はレンズの水晶体から繊維質状の細胞の管に繋がり、眼底の黄斑に繋がっていると解釈する。その構造を簡単に捉えるには、林檎の中心部を刳り貫いて、丁度その林檎の皮が硝子体膜で、中に硝子体液が満ち、その中心に繊維が通っていると考えれば、如何にも眼球の構造に似たものとなろう。眼球の光ファイバーと色覚の記事の追記とする。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください