地震発生の原因

地震は地球の生き様である。地震が無くなった時には、地球は死の星になる。熱く生きた星ではなくなるのだ。余りにも地震関係学者の専門的学識・認識と異なるので、専門家の誤りを正しておかなければならない思いで書く。

地球の核 検索によれば、核コアは300万気圧で6000°c程度とでている。その値が正しいかどうかは全く分からない。確認する科学的実験の証明法が無い。学説で示す数値については、その根拠が不明だから当てに成らない。ただ高温の高圧の液状だとは考えたい。液状とは流動的な状態である。ただ、その核の意味を高エネルギーで、暗黒の灼熱の坩堝(ルツボ)と解釈する。検索すると、どうしてそんな認識をするのか信じられない専門家の解釈がある。赤く光輝く色で捉えているようだ。しかし、色が見えるという事はその物体が光を放つ空間に存在するからである。密閉されて、どこにも空間の隙間が無ければ、光を放射する余地が無い。光・熱が放射されなければ、それは暗黒である。地球の中心の核は暗黒で、灼熱の坩堝である。赤く見えると考える人は、その核が光を放つ空間の中に浮いて存在していると考えているのだろう。空間が無ければ暗黒である。何万度の高温度であっても暗黒である。地球核と地殻運動

核と地殻運動 地球内部を監察できないから、想像の絵図を描いてみる。地球の一部カットした内部を描いてみた。内部は地殻も闇黒であるから表現のしようがない。それでは意味がないから、すこし色付けして表した。内部は当然複雑な層を成しているだろう。マントル、コアあるいはプルーム等と言うらしい。マグマは核の熔流体が地表側に噴出して途中に溜る物に対しての用語と解釈する。それを赤く表現すれば、分かり易くなるが、検索での解釈が高温で光輝くと示されているので、それは誤りだと言うことを強調する為、敢えて薄黒く描いた。マグマが地球の表面の火山などから噴出する時に初めて赤く光を放って見えるのである。その火山の様子を一つ示した。光の放射余地空間が無ければ、マグマも暗黒である。その感覚的捉え方が、物理現象を理解するに最も大切な事である。ここに示した絵図は何の科学的根拠をもって示した訳ではないが、地球内部には多くの地殻の断層があり、その動きが地球そのものの生命活動であると認識している。その意味を図にした。『学問は頭で学んではいけない。心で捉えるのだ』。頭で勉強すると、業界論理に染まる頭脳に成る。一度叩き込んだ学習内容は間違いと気付くのが困難である。語学や算盤・暗算計算などはその限りではなく、早くから鍛えれば脳に良いのだろう。身体能力も同じく鍛える事が良かろう。しかし、頭で学習する『自然科学』においては極めて怪しいと考える。科学技術としての範囲に限定したものであれば、宇宙の真理等と『電荷』概念を唱える過ちもしなかろう。兎に角「理学」が怪しい。少し余談に過ぎたか?さて、地震や津波の解釈で、プレーとの滑り込みと言う現象が取り上げられる。その地殻の移動は何故起こるのだろうか?地球は何故そんな運動をするのだろうか。地球に聞いて確かめないと本当は分からない。専門家はどのようにその訳を認識しているのか。ここからはあくまでも筆者の推測である。それは地球が生きる為であると。地球が生きるとはどのような事かと言えば、この今の様な生命の溢れた生きる姿を保持する為であると。月はもう生命が燃えてはいない。何故地球は生命が燃えているのだろうか。核が地球の生命の源であり続けているからだ。核は熱く燃えている。太陽系の太陽が燃えていると同じ意味である。中心がその生命を支えている。地殻運動は核が燃える燃料を得る為である。地球の生命を保持するエネルギー供給機能である。地球の表面で太陽からのエネルギーを質量に変換し、その質量を中心核に運ぶための地球の生命の活動である。地震も津波も全て地球の生命活動の一環でしかない。あらゆる生命はその地球の生命の活動の上に生かされているのだ。以上が筆者の解釈である。

石炭層と原油油田 地下深くに石炭層がある。原油の油田層が海底にも陸地の深い地層にも埋蔵されている。石炭は黒いダイヤと言われ、良質の石炭は黒い岩石のような資質に見える。しかし、それは古生代の森林の巨木が地下に埋もれて、石炭層を形成した過去の地球の足跡・歴史を書き残した歴史の記録である。原油は、古代の古生物・古代動物の化石油と解釈されている。古生代の地球の生物体系は現在の貧弱な姿とは比べようもない生命の爆発状態であったと推測している。その地表の生命がどのような仕組みで、地下深くに埋もれて、その層を作る事に成ったかを地層・地球内部に関する知見を解く専門家はそれらの石炭層・石油層の構成機構についても明確な認識を示す必要があろう。石炭層がどのような規模でどの程度の深さに在るか確認して、何故その場所でそのような層に成ったかを示さなければ、プレーとの滑り込みと言うだけでは、その専門性は信頼できる合理性に欠けるのではなかろうか。自然科学は広い見識なしに狭い分野での学説はもう役に立たない緊急な事態に来ているのだ。どんな断層解析でも石炭層の生まれる由来を示さなければ、信頼できない。相当広い範囲での地表・地層の断裂陥没がなければ石炭層一つの説明にも繋がらないと考える。それは現代の地球には起きない自然現象だとは言えまい。大規模断裂・陥没が起きた時、それは「想定外」等とは言わせられない。市民が専門家に対する信頼を寄せるだけの広い見識での解説を示して欲しい。狭い専門業界の学説では、「想定外」だけの世界に成る。

地震と陥没 地震現象は決して地殻の歪み蓄積による反動の跳ね上がりなどではない。あくまでも地球中心への陥没現象である。地殻の回転移動・滑り込みが地球中心への燃料供給の為であるから、地殻内部には常に陥没の空洞が出来る。その空洞・地殻間断裂が地下崩落を引き起す。その崩落の規模が地震のマグニチュードとして評価している大きさを示す量である。その震源が海底の地殻の断層付近に起きると、大きな海底断裂になり、巨大津波を引き起す原因となる場合に繋がる。

巨大津波 上に述べた、海底亀裂の規模の大きさにより、巨大津波がいつでも発生する可能性があると認識すべきだ。いやしくも歪みによる跳ね上がりなどと言う誤りの学説は即刻破棄すべきである。東日本大災害時の津波の発生原因として、海底亀裂が見つかったいる。東北地方太平洋地震震源海域に大きな亀裂を確認 に「しんかい6500」の海底亀裂調査結果が公開されている。(余談で、IT検索記事に関する疑問。上の記事も最初の写真が空白の囲み枠で出る。左上隅に〇に\で示される。しかし写真は見えない。ところが、「海底亀裂」の用語で検索すると、その写真は表示される。)

関連記事 大津波の発生原因を探る 、津波(tsunami)を解剖する  地震とは何か にも記してある。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください