大気成分の分析法は?

大気成分。窒素(N2)78.1% 、酸素(O2)20.95% 、アルゴン(ArかAr2か?)0.9% 、二酸化炭素(CO2)0.04% そして水蒸気(H2O)が1%~4%程含まれていると検索に出ている。水蒸気無しで、99,99%となる。

気体が混合状態である地球の大気成分を分析する方法は簡単ではないだろう。上の成分分析結果のデータはどこで誰が確定した値だろうか。どのような科学的方法か。自然科学は、常識と決めつけられている事が多いが、本当かどうかが疑わしい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください