月別アーカイブ: 2014年2月

安倍政権・自民党の法的暴走

首相は憲法解釈の変更に絡み、12日には「最高責任者は私だ」と発言( 2014/02/21 朝日新聞朝刊 の第1面記事)に驚いた。正に民主主義を覆す独裁政治家の名にふさわしい姿。それを許すのは、選挙投票率に表れる日本国民の政治的無関心と無責任であろう。自分もその一人であることを含めての意味で。
日本国憲法 第10章 最高法規 第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、・・ 侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。 第98条 この憲法は、国の最高法規であって、その条規に反する法律、・・及び国務に関するその他の行為の全部または一部は、その効力を有しない。② 日本国民が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。 第99条 天皇又は・・及び国務大臣、国会議員、裁判官・・は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。 『愛国心』の正体を尋ねて に関連記事と『日本国憲法』第10章の条文。
自民党をはじめ多くの国会議員が憲法改変を公然と表明している。第99条はこの憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。この憲法とは現在の憲法であるにも拘らず、この憲法を連合国アメリカに押し付けられた戦後の屈辱憲法であるが如くに卑屈で、敗戦前の国家全体主義に戻りたいという傲慢な意識の下での、現憲法を破壊する意思を何の躊躇いもなく表明している。これは明らかに、憲法第99条の憲法順守の法的義務違反の暴挙意識である。日本国民は、『日本憲法』の、特に第10章の最高法規の意味を読み解いていないと言わなければならない。憲法の意義を日常生活に照らして考えていない表れである。そこに日本人の政治意識の低さが隠されていると感じる。だから、このような『安倍政権』の危険な政治状況を生み出したのだと言わざるを得ない。こんな記事は日本人にどんなに不快な思いを抱かせるかと思うが、嫌われても意見を述べておかなければならない。
安倍政権の法的暴挙 その意味は憲法が規定している日本の法的規律を確認して、そこにおいて現在の安倍政権が画策している異常な精神構造下の非民主主義的本質を法的に明らかにしなければならないと考える事からの標題である。
日本政治の欠陥 三権分立と言う法的意義と日本の欠陥。日本政治の欠陥と三権非分立に記す。
上の政治的欠陥の具体的姿が表に出て来た。憲法は、第4章 国会 第41条 国会は、国権の最高機関であって、国の唯一の立法機関である。日本の国会議員は法的には公務員でありながら、その公務員としての規定がない。国会議員の下で仕える議員秘書は「国家公務員法」第2条 ③項に一 内閣総理大臣 二 国務大臣 三 人事官及び検査官 ・・・ 十五 国会議員の秘書 等と規定されている。しかし国会議員は形式的には議員秘書を雇いその任命権者のような権力的支配権を行使していながら、国家公務員として規定されている議員秘書に対して、自分自身が法的にその公務員としての規定がない点をどのように意識しているのかとても不可思議な事である。国権の最高機関の議員が自分の身分をどのような公務員と認識しているのかを理解できない。日本の議員はその身分さえ曖昧にしたままでいる事が、その活動に都合が良いからだとは解釈できるが、それで良いのか。公務員としての規定が不要と考えるのか、そこに日本の法的問題があろう。立法公務員と言う法的規定を造りたくないからか。行政権を支配することがどれほど権力支配に都合が良いかの為に曖昧にしておきたいからか。立法権だけではうま味が得られない。行政機関の法律制定権に関わる利益が大きいのである。立法権より行政機関との二権に関わる利益。国会議員が国会で、法律を作るという基本的意識が欠落している。行政組織の肥大化と効率の悪さおよび役得行政形態の無駄温存。行政機関(自分を『国』と言う意識)の法律制定が最大の問題。三権非分立制の日本政治。その基本的問題の上に、現在の安倍内閣・安倍晋三総理大臣の法的暴挙の解釈を示したい。憲法擁護義務意識が全然ない。それは憲法第九十九条違反。その根底には、現憲法の人権規定に対して、強権的に国民を支配して、思うがままに命令する国家主義的・非民主主義的意識があると解釈する。それは憲法第三章 国民の権利及び義務 の擁護違反。今回の新聞記事で、解釈改憲『閣議決定で』が最大の具体的憲法違反を示す内容の指摘記事である。内閣は国会の法的機関の基に置いて、その法的規定に従って行政を司る事しか許容されていない。しかも憲法の規定まで、一内閣の意識で勝手に解釈改憲する事など許されていない。憲法第98条 国務に関するその他の行為・・その効力を有しない。の対象で、規定に反する憲法違反である。全く三権分立意識等微塵も感じられない安倍総理大臣である。現『日本憲法』がアメリカによって押し付けられたという敗戦の屈辱意識から来る嫌悪感に苛まれているように思える。時の内閣が勝手に『閣議決定』で、憲法規定を変更解釈できるとしたら、それは明らかに行政権の逸脱行為である。憲法第九八条違反である。

先日記事にした。 日本が危ない。酷過ぎる。安倍政権が続いたら、日本を破滅へおとしめると考えざるを得ない。NHK役員人事、靖国神社参拝、原発再稼働、憲法改変と解釈変更の歴史的見識無視、教育制度の政治権力支配化、特定秘密保護法成立の暴挙、集団的自衛権。

どれ一つをとっても、長い歴史的政治課題として決めかねる議題であった。その決められないが故の、民主主義政治の平和日本の長い歴史の足跡として国際的な評価を得て来た基本点であった。その経過を無視する内閣は独裁政治家集団と化したと言わざるを得ない。国民を危険な道におとしめる内閣だ。ミズリー号艦上での『無条件降伏』調印式の屈辱に導いた戦争政治責任者の断罪を日本国家として検証していない事が、最大の日本人の戦争戦後責任逃避である。

『賃上げ』の意義を問う

日本では3月が労使交渉の一つの区切りとなって来たものだ。最近は低成長で、その陰も薄かった。今年は「アベノミクス」の過剰な金融緩和策で、久しぶりの『賃上げ』問題が話題になっている。みんな賃金が上昇すれば、生活が物質的に豊かになるから、人より幸せ感にひたれると思うのかも知れない。豊かさの獲得のための経済競争が『正義』だ、との無意識での感情的思いからであろうか。

賃上げは幸福につながるか 移動手段の高速・長距離化を手に入れたことが、地球の相対的短縮化を招いた。世界規模で経済競争が展開され、天然資源の獲得競争、人件費の買い叩きによる利益獲得競争が経済競争の当然の手段であるかの如くに過熱している。世界的に人件費が平準化されるのは行く先に見える当たり前の姿である。戦後日本の経済的変化の状況を振り返れば、そこに『賃上げ』の意味を読み取る視点が見えよう。1960年の岸内閣の『安保闘争』事件から、池田内閣の『所得倍増』政策の下、戦後の経済的困窮の時代から脱皮したいと思う国民全体の強烈な願望と欲望が我武者羅な物質的豊かさを追究することを進めた。電化製品が次々と生まれ、それを手に入れる事が生活の豊かさを実感する目的になっていた。洗濯は「盥(タライ)」の中で、洗濯板の上に衣類を載せ、硬い固形石鹸を付けて、手でゴシゴシ擦り合せて洗濯をするのが当たり前の日常生活の姿であった。おそらく江戸時代以前からの洗濯の姿であっただろう。稲を足踏み脱穀機(それでも最新式の科学器械であったかもしれない)でこなしていた姿と同じ、長い間の人の日常生活の姿であった。その長い時代の辛い毎日の生活の苦労が、電化製品で革命的な生活の時間的余裕と労働からの開放を手に入れられることを経験した。今では、洗濯を洗濯板でする手の皮がむける冬の手仕事等、若い人には想像が出来なかろう。そんな苦労からの開放への願望が新しい経済競争の正当性を『賃上げ』に思いを載せて進んで来た。『賃上げ』は正義とさえ思うことになっていた。労働組合も活発な時代であり、『賃上げ』に国民の集団が生きる目的化していたようだ。今振り返って、その時代の精神的な、幸せな成長路線はもう二度と得られない時代に突入したと観なければならない。『賃上げ』は幸せを生まない。

経済学者に問う 素人が考える。専門家が考える経済政策が理解できない。今、科学技術はその革新性が飽和状態にある。新しい科学技術製品で、新しい時代を拓くような希望はもう無い。安倍内閣の『第三の矢』に相当する様な革新性は既にない。過去の行き過ぎを修復する必要性が、大きな負担として財政に覆い掛かって来る。道路・橋などの老朽化はその代表になろう。原発事故もその専門家の村意識の正当性を破綻させて、巨額な負債の修復にその財政負担が掛って来る。世界の人件費の低い地域での製造計画も、当然の人件費平準化へ進んでゆく。その先にどんな姿を経済競争と言う従来の手法に見越しているのか。日本国内での、『賃上げ』が人件費高騰を招き、物価上昇を来たし、生活費の高騰から生活苦を強いられることは必定である。経済学者は専門家として、どんな未来への希望を構築するのか。

軍需産業の人間的正義は? 世界規模で当然の如く軍需産業が華やかである。世界には正義など無い。人殺しや人権侵害が正当の如くに世界を支配している。どう考えて意識を繕えば良いのか。

チョコレートの人権搾取 カカオ豆収穫がどんな労働環境化で行われているのだろうか。低年齢少年の労働に支えられているという話だ。バレンタインで美味しいチョコレートを御馳走になる。その陰に悲惨な労働搾取が現実なのだ。経済競争はとてもまともな姿に見えないのである。書きながら悲しい思いに・・。

ドアノブの火花ー熱電変換ー

(2020/06/11) 追記。Friction heat and Compass (2020/03/22) に熱と磁気を話題にした。

寒中に誰もが経験する指先の火花放電。感電ショックの後味の悪さ。火花放電あの瞬間の気分は例えようがないものだ。来るかと薄々感じながらに油断を突かれたような後の祭りである。それは自然現象である。物理学では、『電荷』の放電現象と解釈されている。雷と同じもので、電気の放電とされている。しかし、世界に『電荷』など存在しないのである。じゃあ何が原因かとなる。その答えは『熱エネルギー』の振る舞いの現象でしかないのである。電気磁気学の専門家、世界の科学者はおそらく皆が『電荷』で説明していると思うが、それは『嘘』である。自然は極めて単純である。そんなに器用にいろいろの物理量を作り出せはしないのだ。自然世界の本質を見極めれば、『エネルギー』一つの世界なのである。熱エネルギーのことを、昔の解釈で、『熱素』と言うものと捉えていた事もあるようだ。熱が何から出来ているかは、研究対象としては素粒子物理学の専門家が究めなければならない課題の筈である。しかし、素粒子論では次々と新しい世界構成粒子を仮想的に作り出すだけで、自然の本質に迫ろうとする意識に欠けている。自然は単純である。電気磁気学の矛盾から、『電荷』を否定すれば、自然の単純で、純粋な姿が視界に浮かび上がって来るのである。

電気現象 電気と言う言葉は現代社会の科学技術を論じるに欠かせない用語である。それと同じく『電荷』と言う用語も科学論のあらゆる基礎概念として社会的認知の基本を成している。だから『電荷』を科学論から排除したら、科学の解釈が不可能になるだろう。世界中の基本概念として位置付けられているから。だから『電荷』を否定しても電気と言う用語まで排除し切れない現実的困惑に居る。標題で副題にー熱電変換ーとしたのも、本当は電気には物理的に無関係なのであるが、熱エネルギーが『電荷』でない電気エネルギーに形態変換した現象であることには間違いないので、電気の電に字を使うのである。しかし、物理現象としては、電気と言う曖昧な用語で厳密には論じられない筈である。それは世界の物理学の認識が深さで十分でない現実の中の話である。

ドアノブ放電の用語 火花放電と言う用語も電の字が付いている。電の字が付くと、従来からの『電荷』概念で解釈する習慣になるけれども、それは各人の認識の深さの違いとして考えれば良いことであろうから、『電』の字を付けて論じざるを得ない事をご理解頂きたい。

放電現象の原因 寒中は寒さと共に、空気が乾燥している。空気中の保有する『熱エネルギー』は水分の水蒸気量で湿度として、空気中に含まれるエネルギー量が決まる。外気に触れているドアは冷気により冷やされて、ドアの保有エネルギー量は極端に低い状態にある。一方人が、ドアノブに触れる時、その人が保有する熱エネルギー量はどうかと考えれば、暖かい車の中から外に出て、外気の冷気に触れて、衣服の持つ熱エネルギー量が外気温度に対して、余分に過飽和状態になる筈である。その身体に溢れた余分の熱エネルギーがドアノブの外気に平衡した保有エネルギー量との間の差が大きくなり、指先とドアノブの間でエネルギーの差分が移動する現象なのである。それが火花になるのである。火花は光エネルギーである。熱エネルギーが光エネルギーとして空間を通してエネルギーの平衡状態を採る為の現象でしかない。また、衣服の摩擦でも身体のエネルギーが増加する。衣服の材料によりその摩擦の発生エネルギー量も、エネルギーの漏れ逃げ方にも影響されるであろう。その辺の違いが色々放電現象の差となる筈である。電気火花ショック、感電ショックの大きさの違いとして影響して来る筈だ。関連記事に雷の正体がある。摩擦電気(この記事が電気磁気学教科書の論拠としている内容である。しかしこの記事を根本から否定し、物理世界とは異なる内容であることを指摘する為に挙げた。クーロンの法則を斬る )も参考に挙げておきましょう。

太陽電池の解剖

半導体の利用分野に太陽電池がある。エネルギー源としての太陽光発電である。太陽光を電気エネルギーに変換するエネルギー変換装置である。そこに半導体が使われる。アモルファスSiと言うシリコンの結晶構造でない非晶質体が利用されているようだ。太陽電池の単位セルの構造や製造過程も企業毎にいろいろ違いがあるようだ。基本接合はpin構造で、p型とn型で、i型(真性半導体)が挟まれた構造になっているようだ。従ってその場合には、pn接合には成っていない訳である。半導体の特性は、そのpn接合部での『電子』と『正孔』の云々というバンド理論で解釈される筈であるが、pin接合ではそんなバンド理論の説明は困難であろう。しかし、それでもそんな太陽電池の解説には相変わらず同じ論理の説明がなされている。全くその解説では、半導体の動作原理を理解することができない。理解できる人は自分から見ればやはり科学論の天才に思える。しかし本当の気持ちは複雑だ。IT、量子力学論の科学書等何処を見てもバンド理論であり、フェルミレベルである。誠に恥ずかしい自分の未熟さを曝さなければならない。半導体とバンド理論の解剖に始まった関連論である。

光電変換と空間構造 光のエネルギーを電気のエネルギーに変換して、エネルギー源とする方式である。光は光自身がエネルギーである。電気エネルギーも同じ一つの『エネルギー』である。『エネルギー』は光も、電気も違いは無い。太陽電池と言う半導体構造体の中で、光が光形態から目に見えない空間伝播(電気)エネルギーに変換されただけである。その変換過程に半導体と言う特殊な空間構造体を介して光が直接エネルギー変換作用を受けただけである。そのエネルギー変換過程に半導体の接合組み合わせがどのような機能を発揮しているかが物理学として解明されていないだけなのである。真実は理論解明されていない。科学技術が理論解明されることを待ち望んでいると観て良い。揚羽蝶の翅の光変換と同じ意味合いを半導体構造の中に秘めているとしか考えられない。色の世界を尋ねてに可視光線間の変換を空間の「Color cell」で解釈することを述べた。半導体内で光エネルギーが貯蔵され、別形態のエネルギー放射(いわゆる電気)に変換されると解釈すれば良い。全ては実在する『半導体空間構造』に秘められている。何も『電子』や『正孔』などと言う実在しない概念を持ち出す必要はない。この『エネルギー』と言う一つの実在物理量を感得できるかである。

『電子』『正孔』説の論理的欠陥 量子力学では、エネルギーを原子構造の外殻周回電子群が運動エネルギーの増減をするという軌道変換で解釈している。その時は電子質量を運動エネルギーの基礎に据えている。しかし、バンド理論や電流概念においては、電子の質量等全く論理外に置かれている。電子流で電流を解釈する時、電流値は電荷の時間微分で定義する。しかし、電子を電流の基礎に据えるなら、電子に付随する質量も一緒に考えなければならない筈だ。それでは電荷の時間微分と同じく、質量の時間微分も同時に論理の中に組み込もうとすれば、その意味をどう繕うのだろうか。質量/時間=dm/dt[kg/s]はどんな電気的解釈に繕うのか。電子科学論の無責任。持論で誠に恥ずかしい。

素人大工ー棚ー

工作が趣味。空間立体構造には考える事が多い。自作棚20年も前に造った棚を事情で取り壊すことになった。未練たっぷりで、足跡を残したい。釘を使わないで組み立てる事が、自然が造りだした木材への感謝の気持ちを表せるかとの自己満足になっていたかも知れない。天張り。。棚組しかし、工作しようと思えば、その木材の表情・顔は自然が造りだした木目にあり、材質の質感に共感できて初めて素人の材木に繰り込む思いが伝えられる。鉋掛けをするにも、鑿穴一つの切り込みを付けるにも樹の表情を無意識に感じながらとなる。張り合わせ材では、気分が乗らない。少し切り込みの様子を残しておきたい。天張りと棚の組み方を分解して撮る。

日本には『天杉』と言う巨樹が少し残っている。地方の天然杉として大事に守られても居る。その板目の美しさは、天然であるが故の人の手心の入らない表情に活き返っている。天井張りの板目として重宝がられている訳は、その表情を仰向けに眺めた時、見飽きない心の安らぎを覚えるからであろう。自然の木目はとにかく美しい。材木一つをとっても、生活から自然が消え去っている。どうか木のぬくもりが残る生活空間が有って欲しいと願うだけである。pcや携帯端末の世代と何も無い自然が相手て育った古い世代とのギャップが現実の世界を形作っているのだろう。政治が戦後世代の戦争を知らない危険に走るのと同じ事か?

棚分解後の姿。足枠だけは強度補強のため、金釘を使っていた。それ以外は柱と棚板等との組み込みで強度を持てせた。ただ天井の棚との間に、つっかい棒(突っ支い棒)役の板が仕掛けられていた。柱、棚板

足枠等