電気式木炭暖房

電気式木炭暖房

遥か昔の思い出に合う。電気磁気学と言う学問を世間的世界に引き戻されたような思い出である。オームの法則を解剖してみようと思った。抵抗とは何か?白熱電球もエジソンの発明した電気技術の宝物である。白熱電球はもう製造されなくなってしまう。木炭に電圧をかければ、赤く燃えだす。電球のフィラメントと同じ電気現象である。赤いと言う事は光放射現象である。中学校の狭い屋根裏部屋のような所で、悪戯した思い出である。

タングステンフィラメントが白熱電球の心臓部である。エジソンが京都の竹を焼いた物を電球の発光材としたと聞いた。それは炭である。何故炭が発熱・発光体として有効なのだろうか。それが現在はタングステンになった。エネルギーの光変換特性が優れており、材料の蒸発消耗の少ない物がタングステンである。おそらく抵抗としての材質で、炭とタングステンに共通した特徴が有ると考える。発熱・発光現象の基本をなす特性はその材料に隠されていよう。それは「材料の空間的空洞でのエネルギー貯蔵特性」に優れている点であると見る。それは「超伝導現象」の意味にも通じる物が有ろう。抵抗材と超電導材との基本的違いは、材料の結晶構造や空間構造がエネルギーの貯蔵性に優れているか、貯蔵を拒否して反射性に優れているかの違いであろうと解釈する。この視点は、オームの法則を解剖するときのヒントになる筈だ。その為の資料として、古いいたずら実験を採り上げた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください