数学の論理性の限界

数学は自然科学の記述に欠かせない道具である。しかし、それは科学的概念が真実であると言う暗黙の共通理解のもとでの論理である。電子の物理学的定義は負の電荷と質量を持った粒子であると言う世界の共通認識がある。もしその前提が『嘘』であるとしたら、それを論理的に数学で説明する力は持ち合わせていない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください