外泊帰りの親雨蛙

 雨蛙 その不思議 で投稿した日(7月12日)は普段通りに過ぎた。写真を撮ったりしたので、警戒心を持たせただろうから、翌日も様子を遠くから見ていた。 この親雨蛙は写真のアルミサッシ上が住処である。13日の夕方起床して、夜行性の活 動に入った。夕方6時にはもう出かけた後であった。しかし、夜の8時には雨が降っていたので、一旦出かけたが直ぐに戻った。雨の当たらない通路の奥に戻っていた。その後何処に行ったか分らなくなった。普通の場合は、朝は住処に戻るのであるが、14日の朝は外泊したまま戻らなかった。13日の夜から14日の夕方まで、日中は動かないのが雨蛙の行動パターンであるから当然のことである。昨日は少し心配であったが、立派な親雨蛙であるから、無事戻ると確信していた。さっそく今朝、起きて新聞取りに行って、雨蛙が居るかどうかと心配しながら、こっそり眺めた。ちゃんと自宅に戻っていた。7月15日一安心である。雨や水が嫌いな雨蛙の性質を、改めて確認できた。その事と自分と親雨蛙の間に少しでも信頼関係が深まれば、写真撮影にも気を許して、思うように撮れるかなとの認識を伝えておきたくて報告した次第であります。

少し気になる事は、このブログは誰が見るのだろうか。一般に公開されているのなら、アクセスする方法が誰にも分るのだろか。自分だけでは全く意味がない。他の人のブログはどうすれば一覧できるのか、全く不明である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください